国土交通省 九州地方整備局 港湾空港部
ホーム
お問い合わせ
港湾空港情報
業務内容
主な所掌業務
沿革
施策
みなとの「概要」
みなとの「活力」
みなとの「安全」
みなとの「環境」
みなとと「暮らし」
技術開発と新技術活用
実海域実験場提供システム
共同技術開発制度
新技術活用システム
みなと用語辞典
なんでもQ&A
海とみなとの相談窓口
リンク集
入札契約情報
港湾空港関係
〒812−0013
福岡市博多区博多駅東2丁目10番7号 福岡第二合同庁舎 2階・3階
TEL:092-418-3340
FAX:092-418-3031
>> 案内図
港湾空港情報
実海域実験場提供システム

民間が開発した新技術の実海域における現地実証試験を支援するため、実験目的に応じた適切な場所の選定や港湾管理者等への協力要請について便宜を図る制度。

対象実験の要件は、実証実験により、港湾・海洋に関する技術開発が促進させること、港湾関係業務に支障を及ぼすおそれがないこと、災害を引き起こす恐れがないこと等です。

実験項目 実験場所 期間
水中硬化型エポキシ樹脂塗料による腐食実験 博多港 S63.5
以降3年間継続
汚濁防止膜に対する防汚剤の防汚効果の実験 苅田沖土砂処分場 S63.11〜H元.5
防砂シートの海水干満における劣化状況及び経時変化調査 苅田沖土砂処分場 H4.9〜H4.12
桟橋上部工にFRP製合成床版を適用した工法の実証実験 北九州港 H4.11〜H5.3
石炭灰有効利用実証調査 苅田沖土砂処分場 H6.8〜H6.9
地盤掘削機械の掘削能力の検証 長崎港湾管理区域 H10.3
新型余水処理装置の実証実験 宮崎細島港 H10.10〜H11.3
大水深対応の沈設管の沈設設備及び工法開発 下関港 H13.6〜H13.7
環境共生型ブロックの現場実証実験 下関港 H13.7〜H17.3
塩害対策鉄筋防錆工法実海域実験 唐津港 H15.7〜H18.11
浅海域への設置するブロックへの藻場造成技術 下関港 H16.4〜H20.3
電気防食と電着工法を併用した防食工法の開発 関門航路舷外排送施設網取ドルフィンおよび管理橋の交換杭 H16.8〜H25.9
カーボウィードの耐久性および生物付着評価試験 下関港 H17.4〜H21.7
港湾埋立地における耐塩性を含めた低環境負荷型緑化法実証実験 苅田港沖土砂処場 H17.3〜17.5
ページのトップへ
  Copyright (C) 九州地方整備局 港湾空港部. All Rights Reserved.