国土交通省 九州地方整備局 港湾空港部
ホーム
お問い合わせ
港湾空港情報
業務内容
主な所掌業務
沿革
施策
みなとの「概要」
みなとの「活力」
みなとの「安全」
みなとの「環境」
みなとと「暮らし」
技術開発と新技術活用
実海域実験場提供システム
共同技術開発制度
新技術活用システム
みなと用語辞典
なんでもQ&A
海とみなとの相談窓口
リンク集
入札契約情報
港湾空港関係
〒812−0013
福岡市博多区博多駅東2丁目10番7号 福岡第二合同庁舎 2階・3階
TEL:092-418-3340
FAX:092-418-3031
>> 案内図
港湾空港情報
共同技術開発制度

技術開発の時間短縮、技術開発成果の水準向上を図るため、国(九州地方整備局)と民間とが共同して技術開発を実施する制度。

対象技術の要件は、港湾工事に大いに利用されることが期待される技術及び施工性・安全性・経済性の向上が期待される技術で、共同技術開発の方式としては、国と民間とが直接協定を結ぶ方式(直接型)、国と公益法人とが協定を結び、民間各社が公益法人に資金提供する方式(公益法人活用型)があります。

共同技術開発の実績
技術開発項目 期間
干潟走行式低質浄化装置の開発 H14〜15
底質判定技術の開発 H15〜17
シラスを用いた海洋コンクリートの適用に関する活用技術 H16.9〜H27.3
流下土砂を用いた海洋コンクリートの適用に関する活用技術開発 H16.9〜H29.3
ページのトップへ
  Copyright (C) 九州地方整備局 港湾空港部. All Rights Reserved.