共通部分をスキップする : 本文へ | メニューへ | ダイレクトメニューへ
トップページ > 海翔丸 > 海翔丸の性能

海翔丸の性能

海翔丸は日本最大級の最新鋭浚渫兼油回収船です。海底の土砂をさらって、船の通る道である航路を整備する浚渫と、事故などで海に流れ出た油を取り除く油回収の2つの重要な仕事をします。平成12年11月に九州地方整備局関門航路事務所に配備されました。美しい海の環境と、航行する船の安全を守るとても重要な船なのです。

海翔丸写真

船体部

総トン数 4,651グロストン
全長 103メートル
17.4メートル
深さ 7.2メートル
計画満載喫水 5.7メートル
最大速力 13.3ノット
航行区域 近海区域(国際)

機関部

主機関 2,648kVA×2台
補機関 400kVA×1台
非常用機関 70kW×1台
主発電機 2,400kVA×2台
補発電機 350kVA×2台
非常用発電機 55kVA×2台
推進器

360度旋回式 4翼固定ピッチ

ノズル付プロペラ×2軸

浚渫装置部

浚渫方式 アフトセンタードラグ式
浚渫ポンプ 5,000立方メートル毎時間×2台
泥艙扉 底開き式×6枚
浚渫深度 -7~-18メートル
ジェットポンプ 500立方メートル毎時間×2台
リサイクルポンプ

2500立方メートル毎時間×2台

ドラグヘッド幅 6.5m
泥艙容量 2,000立方メートル

油回収装置部

油回収器

舷側設置式〕 シクロネ200型

 500立方メートル毎時間×2台

 油水吸引ポンプ

  一軸ネジ式 250立方メートル毎時間×4台  

投げ込み式〕 トランスレック200型、
 200立方メートル毎時間×2台

回収油水槽容量 1,500立方メートル

▲ トップに戻る



トップページ事務所の紹介関門航路について関門海峡海翔丸
入札・契約情報海とみなとの相談窓口出前講座お問い合わせサイトマップ関連リンク