国土交通省 九州地方整備局 別府港湾・空港整備事務所

国土交通省 九州地方整備局 別府港湾・空港整備事務所

地域の元気は九州の元気 九州みなとオアシス 瀬戸内・海の路ネットワーク 釣り振興モデル港 フェイスブック
出前出張講座ご案内申し込み ▼出前講座

講習料無料です
詳しくはこちらから

港湾海洋沿岸全情報提供センター あなたの町のハザードマップ 国際海上運送保安指標レベル べっぷの海岸みまもり隊
リンク集
みなと情報ボックスみなと用語辞典

大分港

港の概要

大分港航空写真 西大分地区・大在地区図

※画像をクリックすると拡大表示されます。

 大分港発祥の地である西大分地区は、今から約430年前、ポルトガルや明との貿易港としての隆盛を極めていました。近代的な港湾整備は明治15年頃から始まり、昭和39年には大分市が新産業都市の指定を受け、石油や石油化学、鉄鋼、電力等の基幹産業関連企業が多数立地し、国内有数の臨海工業地帯を擁する工業港として大きな変貌を遂げました。
 現在の大分港では、輸移出では鋼材・非金属鉱物・化学薬品など、輸移入では鉄鉱石・石炭・原油などを主に取り扱っており、取扱貨物量は全国12位、九州では北九州港についで2位となっています。
 また、近年では、モーダルシフトの急速な進展によりフェリーやRORO船の需要が高まっています。内航定期RORO航路フェリー航路

RORO船写真

大分県 港湾取扱量の推移

※画像をクリックすると拡大表示されます。

大在コンテナターミナル

 環太平洋諸国との物流拠点港を目指して、平成4年度から多目的国際ターミナルの整備に着手し、平成8年11月より水深14m岸壁の供用を開始しています。コンテナターミナル写真

外貿定期コンテナ航路、国際フィーダー航路 大分港外貿コンテナ取扱実績

※画像をクリックすると拡大表示されます。

西大分地区 複合一貫輸送ターミナル改良事業

 西大分地区の水深7.5m岸壁に就航しているフェリーの平成19年大型化に伴い、規程の航路幅や回頭水域を確保できなくなったため、耐震強化岸壁の整備と併せて平成24年度より改良事業に着手しています。
 岸壁の耐震改良は平成29年3月に完了し、平成31年3月には泊地浚渫が完了しています。

西大分地区写真

※画像をクリックすると拡大表示されます。

大在西地区 複合一貫輸送ターミナル整備事業

 大分港における貨物需要の増大に伴うRORO船の大型化等に対応するため、大在西地区において、岸壁の整備、泊地の浚渫等の港湾施設の整備事業に令和2年度より着手しています。

大在西地区写真

※画像をクリックすると拡大表示されます。