環境影響評価手続き

環境影響評価とは

 環境影響評価は、開発事業を行う事業者が、事業の実施にあたり環境に及ぼす影響について、事前に調査、予測及び評価を行うとともに、その事業に係る環境の保全措置を検討し、この措置が講じられた場合における環境影響を総合的に評価するものです。
苅田港松山地区土砂処分場公有水面埋立事業は、公有水面の面積約45haを埋立てるものであり、環境影響評価法に定める「第2種事業」となります。
また、本事業実施区域は、瀬戸内海環境保全基本計画により、「海面の埋立てに当たっては、環境保全に十分に配慮すること」、「環境影響を回避・低減の措置が講ぜられること」等が規定されています。
 このため、本事業は、環境影響評価法に基づき環境影響評価の手続きを実施します。

方法書手続き

 国土交通省九州地方整備局は、環境影響評価法の規定に基づき、「苅田港松山地区土砂処分場公有水面埋立事業 環境影響評価方法書」(以下、方法書という)をとりまとめました。
 方法書とは、これから実施しようとする環境アセスメントにおいて、どのような項目について、どのような方法で調査・予測・評価をしていくのかという計画を示したものです。
 平成27年12月3日(木)から平成28年1月5日(火)まで方法書を縦覧するとともに、その間、関係地域で説明会を開催いたします。
 説明会は、居住地と関係なくどなたでも参加することができます。
 また、方法書について環境保全の見地から意見のある方はどなたでも意見書を提出することができます。

1.環境影響を受ける範囲であると認められる地域の範囲(関係地域)

 福岡県京都郡苅田町

2.方法書及び要約書の縦覧の期間、時間及び場所〔終了しました〕

(1) 縦覧期間

 平成27年12月3日(木)から平成28年1月5日(火)まで
 ただし、土曜日、日曜日、祝日及び年末年始は除く。

(2) 縦覧場所

 国土交通省 九州地方整備局 苅田港湾事務所(福岡県京都郡苅田町港町28‐2)
 福岡県 苅田港務所(福岡県京都郡苅田町港町29)
 苅田町 役場環境保全課(福岡県京都郡苅田町富久町1‐19‐1)

(3) 縦覧時間

 9時00分から17時00分まで

3.方法書及び要約書

4.説明会の日時及び場所〔終了しました〕

(1) 日時

 第1回 平成27年12月10日(木) 19時00分から
 第2回 平成27年12月12日(土) 15時00分から

(2) 場所

 苅田町立中央公民館 第5研修室(視聴覚室)(福岡県京都郡苅田町京町2-5)

5.意見書の提出〔終了しました〕

 方法書等について環境保全の見地から意見を有する方は、次に掲げる事項を記載した意見書を提出することができます。

 また、意見書は、関係地域にお住まいの方、それ以外にお住まいの方、どなたでも提出することができます。

6.意見書の提出期間及び提出先その他意見書の提出に必要な事項〔終了しました〕

(1) 提出期間

 平成27年12月3日(木)から平成28年1月19日(火)まで

(2) 提出先

 国土交通省 九州地方整備局 苅田港湾事務所

 〒800-0315 福岡県京都郡苅田町港町28‐2
 TEL 093-436-0582 FAX 093-435-2005

(3) 提出方法
@持参、郵送、FAXによる方法

 所定の様式に記述いただき、持参、郵送、FAXのいずれかにてご提出ください。ただし、持参、FAXの場合は平成28年1月19日の17時00分まで、郵送の場合は平成28年1月19日の消印まで有効とします。
 意見書の様式は、下記からダウンロードして頂くか、縦覧場所に設置しています。

意見書様式ダウンロード(92KB)

A電子申請による方法

 以下の情報を全て入力して、送信お願いします。ただし、平成28年1月19日の17時00分まで有効とします。
  1.お名前(ふりがな)【必須】※法人の場合は団体名称、ご担当者様のお名前
  2.郵便番号、ご住所【必須】
  3.環境の保全の見地からの意見【必須】※日本語により、ご記入ください。
  4.意見の理由及び根拠【必須】※日本語により、ご記入ください。

注1)必須項目に記述漏れがある場合は、意見として取り扱わない場合があります。

注2)ホームページから直接ご意見を送信頂く場合、意見書様式等の添付ファイルはセキュリティの関係上、受付できません。ご意見等は、メール本文に記述ください。

インターネットによる意見書の提出 >>>

(4) 意見書の提出に必要な事項
@意見書を提出しようとする方の氏名及び住所

 法人その他の団体にあってはその名称、代表者の氏名及び主たる事務所の所在地

A意見書の提出の対象である方法書等の名称[意見書の様式を使用する場合は記載済み]

 苅田港松山地区土砂処分場公有水面埋立事業 環境影響評価方法書

B方法書等についての環境の保全の見地からの意見

 意見は日本語により、意見の理由及び根拠を含めて記載ください。

配慮書手続き【終了しました】

 国土交通省九州地方整備局は、環境影響評価法の規定に基づき、「苅田港土砂処分場公有水面埋立事業 計画段階環境配慮書」(以下、配慮書という)をとりまとめました。配慮書とは、重大な環境影響の回避又は低減を図るため、事業の位置・規模等の計画段階で複数案を設定し、環境保全のために配慮すべき事項について検討し、その結果をまとめたものです。
 平成27年2月25日(水)から平成27年3月27日(金)まで配慮書を縦覧いたします。
 また、配慮書について環境保全の見地から意見のある方はどなたでも意見書を提出することができます。

1.配慮書及び要約書の縦覧の期間、時間及び場所【終了しました】

(1) 縦覧期間

 平成27年2月25日(水)から平成27年3月27日(金)まで

 ただし、土曜日、日曜日、祝日を除く。
(2) 縦覧場所

 国土交通省 九州地方整備局 苅田港湾事務所(福岡県京都郡苅田町港町28‐2)
 福岡県 苅田港務所(福岡県京都郡苅田町港町29)
 北九州市 小倉南区役所 曽根出張所(福岡県北九州市小倉南区下曽根4‐22‐1)
 苅田町役場 環境保全課 (福岡県京都郡苅田町富久町1‐19‐1)
 行橋市役所 環境水道部 環境課 (福岡県行橋市中央一丁目1‐1)

(3) 縦覧時間

 9時00分から17時00分まで

2.配慮書及び要約書 【終了しました】

(1) 公表期間

 平成27年2月25日(水)から平成27年3月27日(金)まで
 ※縦覧期間と同じ

(2)配慮書及び要約書

 苅田港土砂処分場公有水面埋立事業 計画段階環境配慮書
 苅田港土砂処分場公有水面埋立事業 計画段階環境配慮書要約書
 «縦覧期間は終了しました»

3.意見書の提出 【終了しました】

 配慮書等について環境保全の見地から意見を有する方は、次に掲げる事項を記載した意見書を提出することができます。

4.意見書の提出期間及び提出先その他意見書の提出に必要な事項 【終了しました】

(1) 提出期間

 平成27年2月25日(水)から平成27年3月27日(金)まで

(2) 提出先

 国土交通省 九州地方整備局 苅田港湾事務所
 〒800-0315 福岡県京都郡苅田町港町28‐2
 TEL 093-436-0583 FAX 093-435-2005

(3) 提出方法
@持参、郵送、FAXによる方法

 所定の様式に記述いただき、持参、郵送、FAXのいずれかにてご提出ください。ただし、持参、FAXの場合は3月27日の17時00分まで、郵送の場合は3月27日の消印まで有効とします。
 «意見の募集期間は終了しました»

A電子申請による方法

 以下の情報を全て入力して、送信お願いします。ただし、3月27日の17時00分まで有効とします。
  1.お名前(ふりがな)【必須】※法人の場合は団体名称、ご担当者様のお名前
  2.郵便番号、ご住所【必須】
  3.環境の保全の見地からの意見【必須】※日本語により、意見の理由及び根拠を含めてご入力ください。
«意見の募集期間は終了しました»

(4) 意見書の提出に必要な事項
@意見書を提出しようとする方の氏名及び住所

法人その他の団体にあってはその名称、代表者の氏名及び主たる事務所の所在地

A意見書の提出の対象である配慮書等の名称[意見書の様式を使用する場合は記載済み]

苅田港土砂処分場公有水面埋立事業 計画段階環境配慮書

B配慮書等についての環境の保全の見地からの意見

意見は日本語により、意見の理由及び根拠を含めて記載ください。