海と空の用語辞典 港湾の用語編

か行

カボタージュ

外国の船舶や飛行機が、国内の2地点ないし海外領土間を運航すること。

カボタージュ規制

外国の船舶や飛行機が、国内の2地点ないし海外領土間を運航するのを禁止したり、制限すること。「国内輸送は自国籍船のみができる」とする国際的な慣行。

ガントリークレーン

岸壁に設置され、岸壁とエプロンに敷かれたレールの上を走行しコンテナなどの貨物の積み卸しを行うクレン。トロリー又はジブクレーンが岸壁と船を往復することで円滑に荷役作業を行える。

岸壁

船が停泊するための施設。ケーソンを沈めた「重力式」や海上に突き出た橋のような「桟橋式」等がある。

基礎捨石

岸壁や防波堤の工事で使われる石。ケーソンなどを海に設置するとき、ケーソンの下にこの石を敷く。

喫水(吃水)(きっすい)

船が水面に浮かんでいる状態で、水面下に沈んでいる深さのこと。

くずれ波

波の頂上が白く泡立ち、それが徐々に前面に広がっていく波のこと。

くだけ波

岸や岩礁にあたって砕けている波のこと。

車止め

埠頭内の自動車が誤って海面に落下しないためのもの。駐車場などにあるものと同じく、タイヤがあたって自動車がとまる。

黒潮

日本の大平洋沿岸を北上する暖流。

ケーソン

主に鉄筋コンクリートで造られた、箱状または円筒状の構造物。岸壁や防波堤の本体になる。

航路

船が安全に航行できるよう所定の水深と幅員を有した水路。

港湾管理者

法律(港湾法)に基づいて港を管理する、公共的責任者。北九州港の管理者は北九州市である。

港湾区域

港湾管理者が管理する水域のこと。北九州港なら新門司から響灘にまたがる海域。北九州港の港湾区域面積は、全国で第4位である。

国際海上コンテナターミナル

岸壁の水深が12m以上、奥行きが300m以上あり、かつ高能率な荷役機械を備えたコンテナターミナルのこと。ちなみにオーバーパナマックスタイプの船が停泊するためには、水深15m以上が必要である。

国際ハブ港湾

国際海上輸送の拠点となる港。ハブポート。各地域の港湾に出入りする貨物をここに集め、超大型コンテナ船で一括大量輸送をおこなう。そのため大水深岸壁をそなえたコンテナターミナルを必要とする。

コンテナ

もとは「容器」という意味。貨物を効率よく運ぶための輸送容器。アルミ製が主。サイズは長さを表し、10フィート(約3メートル)・20フィート(約6メートル)・40フィート(約12メートル)が主流で、20・40フィートが国際規格。最近では40フィートを超えるものも用いられている。

コンテナターミナル

コンテナを取り扱う港湾施設の総称。

コンテナ埠頭

コンテナ貨物のために必要な港の施設。岸壁やエプロン、コンテナヤードなどからなる。

コンテナヤード

船から卸したコンテナや、船に積む前のコンテナを置いておく場所のこと。コンテナを保管する、屋根のない倉庫。

海と空の用語辞典

港湾の用語編

あ行 か行
さ行 た行
な行 は行
ま行 や行
ら行 わ行
A-Z・0-9

空港の用語編

船舶編

作業船編

Copyright (C) 北九州港湾・空港整備事務所. All Rights Reserved.  著作権・プライバシーポリシー(個人情報の取扱い)等について