海と空の用語辞典 港湾の用語編

さ行

載荷盛土

軟弱地盤上に土を盛って荷重をかけることで、圧密沈下を促進し、地盤を強固にすること。

サンドマット

軟弱地盤の表面に0.5m〜1m程度の砂を敷き、圧密沈下させるための荷重や、ドレーン工法表面の排水層として用いられる。

さん橋

船を係留するための施設。陸地から水面に突き出し、橋のような構造になっている。

シーバース

タンカー等のための海上での船舶停泊場所で、パイプラインで送油する沖がかり方式の係留施設。

シールド工法

シールド機と呼ばれるトンネル掘削機械で地盤中を掘進しながらトンネル本体を築造していく工法。

浚渫

岸壁や船舶の規模に合わせて、海底の土砂を所定の深さまで掘削すること。

消波ブロック

防波堤や岸壁を大きな波から守るために、波を砕いて波の力を抑えるコンクリートブロック。テトラポッドなど。

新形式防波堤

一般的な四角い防波堤ではなく、地形の違いなどに応じて開発された、新しいタイプの防波堤。半円形のアーチが美しい宮崎港の「半円形防波堤」や、軟らかい地盤上でも設置できる熊本港の「軟弱地盤着定式防波堤」、沖合の大水深で波の高さを制御する境港の「二重円筒ケーソン式防波堤(図)」などがある。

信号灯

航行する船に対して様々な信号を送る設備のこと。船はこの信号を見ながら港に出入りする。

新若戸道路

北九州港のひびきコンテナターミナルの整備に伴い、将来的に交通量の増大が予想されるため、響灘地区と戸畑・小倉方面とを結ぶ新たなルートを確保し、交通の円滑化を図るために計画された道路。洞海湾海底部では、沈埋工法が採用されている。

地盤改良

軟弱地盤を人為的に改善し、地盤を安定化させること。地盤の状態や、そこに造ろうとするものなどに応じて、いくつかの工法がある。
【ペーパードレーン工法】
ペーパードレーンと呼ばれる帯状の透水材を挿入し、人工的な排水路を設けることで地盤の圧密を促進させる。
【サンドドレーン工法】
軟らかい地盤に砂の杭を打ち込み、砂杭を排水路として地盤の圧密を促進させる。
【床掘置換工法】
軟らかい地盤を、良質な材料に置きかえることにより地盤を強化する。

重要港湾

国際又は国内海上輸送網の拠点となる港。全国に105港ある。

スーパー中枢港湾

アジアの主要港を凌ぐコスト・サービス水準の実現を目標に、次世代高規格コンテナターミナルの整備や物流システム改革の推進等、官民一体となり国際競争力の強化を図るために指定された港湾。

水砕スラグ

地盤改良工事などに使われる材料。砂のように見えるが、実は鉄鉱石の燃えカスである。リサイクル資材のためコストが安く、砂と同じように使えるという利点がある。

スエズ運河

紅海と地中海を結ぶ運河。

ストラドルキャリア

コンテナターミナル(ヤード)内で、コンテナを移動させる荷役機械。コンテナを積み重ねたり、積み下ろしたりする。

背高コンテナ

貨物を効率よく運ぶための輸送容器で、高さが通常のコンテナより高い9フィート6インチ(2,896mm)のコンテナ。

セミコンテナ船

セルガイド(横ずれ防止用レール)を有していない船。又はコンテナ貨物とそれ以外の貨物を輸送する船。

海と空の用語辞典

港湾の用語編

あ行 か行
さ行 た行
な行 は行
ま行 や行
ら行 わ行
A-Z・0-9

空港の用語編

船舶編

作業船編

Copyright (C) 北九州港湾・空港整備事務所. All Rights Reserved.  著作権・プライバシーポリシー(個人情報の取扱い)等について