海と空の用語辞典 港湾の用語編

は行

ハイブリットケーソン

鋼板と鉄筋コンクリートにより製作されるケーソン。北九州港のひびきコンテナターミナルなどで使用されている。

泊地

船が安全に停泊できる海域のこと。船が停められるだけの十分な深さ、広さが必要で、波がなく静穏であることも重要。

バース

船舶が接岸、係留し、貨物の積み卸し等を行う場所。

パナマ運河

大西洋と太平洋を結ぶ運河。南北アメリカ大陸の間にある。

パナマックス

パナマ運河を航行できる最も大型の船のこと。船幅32.2mで設計された6万トンから7万トン級の船舶。
panamaとmaxinum の合成語。近年はさらに大型のオーバーパナマックスもある。

バルク貨物

穀物や石炭などのように、包装せずに積み込まれる貨物。バラ積み貨物ともいう。

ひびきコンテナターミナル

国際物流拠点としての役割りを果たすため、北九州港響灘地区にオープンしたコンテナターミナル。大型コンテナ船が接岸できる、大水深(-15m)の岸壁をそなえる。

被覆石

護岸の小さな基礎捨石を、波による影響から保護するため、護岸前面に載せる大きな雑石。海洋の生物環境にも良い。

ビット

係船柱のこと。船を停泊させるときにロープを巻き付けるフック。岸壁に一定の間隔で設置されている。

ピアー

普通のさん橋のこと。

フーチング

ケーソンが不安定にならないように、ケーソンの底版横に付けた出っぱり。

フィーダー航路

大型船が寄港する主要港とそれ以外の港を結ぶ航路。支線航路。

複合一貫輸送

船舶・鉄道・自動車・航空機など、異なる2つ以上の輸送手段を使って貨物を運ぶこと。各輸送手段をうまく組み合わせることにより、効率的な輸送が可能となる。

浮標

海の標識。「ブイ」のこと。暗礁の所在や、航路・錨地などを知らせる「航路標識用」と、船をつなぎとめる「係船用」がある。

フルコンテナ船

コンテナのみを輸送する目的で専用のセルガイド(横ずれ防止用レール)を有する船。

フレート・トン

港湾取扱貨物量の単位。容積1.133m3又は重量1,000sのいずれか大きい方を1フレート・トンとして計上される。

プレジャーボート

ヨットやモーターボートなどのこと。スポーツ・レクリェーションで使う船。

防潮堤

高潮・波・津波等により海水が陸へ侵入するのを防ぐための堤防や護岸。

防波堤

港内の静穏を維持し、荷役作業の円滑化、船舶の航行・停泊の安全及び港内の施設の保全を目的とした堤。
その形で、傾斜堤、直立堤、混成堤、その他に分類される。

ポートルネッサンス

古くなった港の施設や機能を再開発するプロジェクト。正式には「ポートルネッサンス21計画」という。

海と空の用語辞典

港湾の用語編

あ行 か行
さ行 た行
な行 は行
ま行 や行
ら行 わ行
A-Z・0-9

空港の用語編

船舶編

作業船編

Copyright (C) 北九州港湾・空港整備事務所. All Rights Reserved.  著作権・プライバシーポリシー(個人情報の取扱い)等について