海と空の用語辞典 作業船編

た行

台船

海上工事をおこなう際に、各種資材や機材を運搬する船。「自航式」と「非自航式」がある。

ディッパー浚渫船

硬土質の浚渫に適した浚渫船で、陸上のショベルと同一形式であるが、陸上に比べて掘削深さが大きく、そのため海底を有効に掘削するための特殊な装置を装備している。

特殊船

特殊な作業に従事するため建造された作業船。水中バックホウや浚渫ロボット等、陸上から遠隔操作して水中作業を行えるものもある。

土運船

浚渫船等から排出される土砂を泥倉に受入れて運搬する作業船。大きな土運船は、一度にダンプ数百台分も積載可能。

ドラグサクション浚渫船

浚渫ポンプ吸入管の先端に取付けたドラグヘッドを海底に接地させ牽引し、海底土砂を水と共に吸い上げ船内の泥艙に積載し処分場まで運搬する自航式の浚渫船。

作業船の種類(日本作業船協会)
http://www.s-jwa.or.jp//workvessels/
一般社団法人 日本作業船協会
http://www.s-jwa.or.jp/

海と空の用語辞典

港湾の用語編

空港の用語編

船舶編

作業船編

あ行 か行
さ行 た行
な行 は行
ま行 や行
ら行 わ行
A-Z・0-9
Copyright (C) 北九州港湾・空港整備事務所. All Rights Reserved.  著作権・プライバシーポリシー(個人情報の取扱い)等について