関門航路周辺海域における土砂処分場計画について これまでの経過

「関門航路周辺海域の土砂処分場計画(概ねの位置・規模・形状)」策定結果

 国土交通省九州地方整備局は、船舶の大型化等に対応し、関門航路および北九州港新門司地区の航路を増深・拡幅するための浚渫工事を行っています。浚渫により発生する土砂は新門司沖土砂処分場等へ投入しています。しかし、将来(概ね平成30年から)発生する見込みの約2,400万m3の浚渫土砂については、処分場を新たに確保する必要があります。新たな処分場の確保には長期間を要することから、平成22年3月より新たな土砂処分場計画の策定に着手しました。
 この度、技術専門委員会(学識経験者)、連絡会(地方自治体)、地域住民等の意見等を踏まえ、土砂処分場計画(概ねの位置・規模・形状)を決定しましたので、結果を公表します。


土砂処分場計画の決定内容【要旨】

PDF (1,163KB)

土砂処分場計画の決定内容【概要・詳細】

PDF (10,959KB)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

参考資料
・ 意見公募の結果


PDF (250KB)

今後の予定

 本計画の決定(構想段階における計画策定)を踏まえて、より具体的な検討を行う事業実施段階に移行します。事業実施段階では、構想段階における付帯意見として、技術的・専門的知見から助言を受けた3つの事項についても検討を行います。


新門司沖土砂処分場(U期)公有水面埋立事業について
関門航路周辺海域における土砂処分場計画について

はじめに

開催趣旨

住民参画について

ガイドラインについて

スケジュール

ご意見募集中 (終了)

説明会のご案内 (終了)

これまでの経過

ステップ1
設置海域の絞り込み

第1回 技術専門委員会

第1回 連絡会

第2回 連絡会

第1回 パブリックコメント

第2回 技術専門委員会

第3回 連絡会

ステップ1のとりまとめ

ステップ2
設置位置等の絞り込み

第3回 技術専門委員会

第4回 連絡会

第2回 パブリックコメント

説明会

第4回 技術専門委員会

第5回 連絡会

構想計画のとりまとめ

リンク集

このサイトをご覧になるにはADOBE READER のプラグインが必要です。お持ちでない方は下記のバナーをクリックして最新版をダウンロードをしてください。
ADOBE READERのダウンロード
Copyright (C) 北九州港湾・空港整備事務所. All Rights Reserved.  著作権・プライバシーポリシー(個人情報の取扱い)等について