ひびきコンテナターミナル ひびきコンテナターミナルが出来るまで

着工時の空撮写真

ひびきコンテナターミナルの工事に着手した頃の響灘地区は次のような状況でした。

写真:着工時空撮写真
空撮写真 平成10年12月撮影

岸壁(埋立地)が出来るまで

ひびきコンテナターミナルの基本となる岸壁(埋立地)が出来るまでを模式化したイメージビデを次に紹介します。
 「岸壁が出来るまで」 【再生時間:50秒 容量:4.38MB】
写真:着工前のイメージ図
着工前
図:ニューマッチケーソン工法説明図
写真:着工後のイメージ図
完成

施工中の写真

ひびきコンテナターミナルを造っているときの実際の写真と作業概要を次に紹介します。

写真:床堀状況
(1)床堀状況
岸壁本体となるケーソンを据えるため、海底を掘ります。
写真:基礎捨石投入状況
(2)基礎捨石投入状況
掘った溝に石を投入します。捨石はケーソンが乗る土台となります。
写真:ケーソン製作状況(その1)
(3)ケーソン製作状況(その1)
ケーソン(ハイブリッド)の芯となる鋼殻の組立状況です。
写真:ケーソン製作状況(その2)
(4)ケーソン製作状況(その2)
出来上がった鋼殻に型枠を付け、コンクリートを充填して鋼殻外周を覆います。
写真:ケーソン製作状況(その3)
(5)ケーソン製作状況(その3)
ケーソン(ハイブリッド)の完成です。
写真:ケーソン据付け状況(その1)
(6)ケーソン据付け状況(その1)
出来上がったケーソンを大型クレーン船で吊り上げ、据付け場所に移動します。
写真:ケーソン据付状況(その2)
(7)ケーソン据付状況(その2)
所定の位置までケーソンを移動させ、据付けます。
写真:ケーソン据付状況(その3)
(8)ケーソン据付状況(その3)
据付け完了後、ケーソン内に中詰砂を投入し、ケーソンを安定させます。
写真:ケーソン据付状況(その4)
(9)ケーソン据付状況(その4)
中詰砂投入後、蓋コンクリートを打設して砂が漏出するのを防ぎます。
写真:裏込雑石投入状況
(10)裏込雑石投入状況
さらなるケーソン安定のために、背後に裏込雑石を投入します。
写真:航路・泊地浚渫状況
(11)航路・泊地浚渫状況
船が安全に航行できるよう、浅い個所を掘り下げます。(ポンプ浚渫例)
写真:埋立て状況
(12)埋立て状況
浚渫した土砂を用いて、岸壁背後に土地を造成しています。
写真:岸壁上部工施工状況
(13)岸壁上部工施工状況
係船柱や防舷材を設置するための上部工を施工します。
写真:岸壁上部工完成
(14)岸壁上部工完成
完成した上部工です
写真:地盤改良工施工状況(その1)
(15)地盤改良工施工状況(その1)
埋立地の地盤を固くするため、地盤改良を行っています。(ペーパードレーン例)
写真:地盤改良工施工状況(その2)
(16)地盤改良工施工状況(その2)
埋立地の地盤を固くするため、地盤改良を行っています。(ロッドコンパクション例)
写真:クレーン基礎施工状況
(17)クレーン基礎施工状況
直径900ミリ、長さ20メートルの鋼管杭を等間隔に打設してクレーンの基礎をつくっています。
写真:エプロン部舗装施工状況
(18)エプロン部舗装施工状況
コンテナを扱う荷さばき地(エプロン部)にはアスファルト舗装を行っています。
写真:コンテナ保管場所施工状況
(19)コンテナ保管場所施工状況
エプロン内のコンテナ保管場所は、重量を考慮してコンクリートで基礎をつくっています。
写真:エプロン完成状況
(20)エプロン完成状況
コンテナ約2万2千個が置けるコンテナヤードの完成です。
写真:クレーン設置状況
(21)クレーン設置状況
クレーンは2つのブロックで運び込まれ、岸壁上で組み立てられました。
写真:ひびきコンテナターミナル完成
(22)ひびきコンテナターミナル完成
管理棟などの上物施設が完成したひびきコンテナターミナルの全景です
 前のページへ  次のページへ
事業の紹介

北九州空港

ひびきコンテナターミナル

事業概要

ひびきコンテナターミナルが出来るまで

こぼれ話

新若戸道路(若戸トンネル)

田野浦ROROターミナル

Copyright (C) 北九州港湾・空港整備事務所. All Rights Reserved.  著作権・プライバシーポリシー(個人情報の取扱い)等について