ひびきコンテナターミナル こぼれ話

岸壁構造について

ひびきコンテナターミナルでは、異なる構造タイプ(ハイブリッド、RC構造)の岸壁で出来ています。

ハイブリッドケーソン岸壁
写真:着工前のイメージ図
RCケーソン岸壁
写真:着工前のイメージ図
異なる構造タイプを採用した理由としては、大地震が発生しても地震後どちらかが使える可能性が高いためです。
地震を受けた場合のイメージビデオを次に紹介します。
 「地震時イメージ」 【再生時間:14秒 容量:1.94MB】
またハイブリッド構造について説明したイメージビデオを次に紹介します。
 「岸壁構造について」 【再生時間:48秒 容量:6.42MB】
 前のページへ  
事業の紹介

北九州空港

ひびきコンテナターミナル

事業概要

ひびきコンテナターミナルが出来るまで

こぼれ話

新若戸道路(若戸トンネル)

田野浦ROROターミナル

Copyright (C) 北九州港湾・空港整備事務所. All Rights Reserved.  著作権・プライバシーポリシー(個人情報の取扱い)等について