新門司沖土砂処分場(2期) 事業概要

整備目的

 新門司沖土砂処分場(U期)は、関門航路(約1,600万m3)、北九州港(約800万m3)、苅田港(約800万m3)で発生する合計約3,200万m3の浚渫土砂受入を目的とした土砂処分場です。
 現在、新門司沖土砂処分場(3工区)の埋立を行っていますが、新たな浚渫土砂の受入れ先として空港島東岸にU期の土砂処分場を平成29年度から整備しています。
【埋立面積:約250ha(長さ2,775m×幅900m)、土砂処分容量:約3,200万m3

 土砂処分場の整備として、地盤改良工、基礎工、被覆工、裏込工、本体工、上部工、消波工を実施し、護岸整備を進めています。

図:新門司沖土砂処分場(U期)
 
図:主な護岸の標準断面図
主な護岸の標準断面図
写真:基礎捨石投入の様子
基礎捨石投入の様子(護岸築造工事)
事業の紹介

北九州空港

西海岸岸壁

ひびきコンテナターミナル

新門司沖土砂処分場(U期)

基地港湾の整備

Copyright (C) 北九州港湾・空港整備事務所. All Rights Reserved.  著作権・プライバシーポリシー(個人情報の取扱い)等について