事務所の情報

沿革

  • 出  来  事
    明治44年(1911) 「内務省下関土木出張所(本局)」が設置される。
    昭和12年(1937) 「内務省下関土木出張所下関港修築事務所」が設置される。(彦島口)※①
    昭和18年(1943) 官制改正により、「運輸通信省第四港湾建設部下関港工事事務所」と改称される。
    昭和20年(1945) 官制改正により、「運輸省第四港湾建設部下関港工事事務所」と改称される。
    昭和21年(1946) 庁舎を移転する。(運河沿物揚場横)※②
    昭和24年(1949) 臨港道路計画に伴い庁舎を移転する。(現在、下関港湾空港技術調査事務所水理模型実験施設のある場所)※③
    昭和27年(1952) 「運輸省第四港湾建設局下関港工事事務所」と改称される。
    昭和37年(1962) 事務所老朽化に伴い隣接地(下関市東大和町2-10-2)に庁舎を新築し、移転する。※④
    平成9年(1997) 「運輸省第四港湾建設局下関港湾工事事務所」と改称される。
    平成13年(2001) 省庁再編により、「国土交通省九州地方整備局下関港湾工事事務所」として再編される。
    平成15年(2003) 「国土交通省九州地方整備局下関港湾事務所」と改称される。
    平成24年(2012) 下関港湾空港技術調査事務所が下関地方合同庁舎に移転し、その後(現所在地)に移転する。

組織図

  • 所 在 地



  • ※下関港湾事務所まで、下関駅からタクシー5分又は徒歩20分

    ※①~④は下関港湾事務所があった場所(沿革参照)