鹿児島港湾・空港整備事務所:鹿児島港・港区について お問い合わせ サイトマップ リンク
九州地方整備局鹿児島港湾・空港整備事務所
ここから本文です
港湾の紹介

鹿児島港・港区について

鹿児島港

魅力ある南の拠点づくりをめざして。

鹿児島港は、離島への玄関口として市街地に位置する本港区から、南に新港区、鴨池港区、中央港区、谷山一区、谷山二区、浜平川港区と広がる七つの港区で構成され、その延長は南北20kmにも及びます。

今日、港湾を取り巻く時代の変化に伴い、国際化、都市化、情報化の波が寄せる大きな転換期を迎え、大型観光船の埠頭、ウォーターフロントの形成などにより、魅力ある南の拠点の創造に取り組み、さらなる発展を続けています。

このページの上に戻ります
A本港区   B新港区   C鴨池港区
本港区   新港区   鴨池港区

鹿児島港の発祥の地であり、鹿児島市の中心街が隣接し、桜島フェリー、種子・屋久航路、奄美・喜界航路等の発着場となっています。

 

昭和34年(1959年)~昭和47年(1972年)にかけて整備され、奄美・喜界航路、及び県外や県内離島への不定期貨物船等の発着場となっています。

 

昭和47年(1972年)~昭和50年(1975年)にかけて、旧鹿児島空港跡地に設備され、大隅方面へのフェリーの発着場となっています。


D中央港区   E谷山一区/二区   F浜平川港区
中央港区   谷山一区/二区   浜平川港区
旧南港区

昭和28年(1953年)~昭和41年(1966年)にかけて整備され、砂・石油・くず鉄等を取り扱う港区です。

旧木材港区

昭和40年(1965年)~昭和49年(1974年)にかけて整備され、金属機械団地(4号用地)と製材団地にはさまれており、外材を専門に取り扱う港区です。

  谷山一区

昭和43年(1968年)~昭和45年(1970年)にかけて造成された臨海工業用地(2号用地)に隣接して昭和57年(1977年)までに整備された港区でセメント専用船、車両専用船、雑穀貨物等の利用に供しています。

谷山二区

臨海工業用地(1号用地)から発生する貨物と増大する背後地域の船舶輸送需要に対応するため、1号用地A区、B区の中央に昭和46年度から整備が進められ現在にいたっています。

 

昭和42年(1967年)~昭和46年(1971年)にかけて整備され、昭和47年(1972年)の太陽国体のヨット競技の会場となりました。現在もヨット・プレジャーボート・漁船等の基地として利用されています。


このページの上に戻ります