ホーム >構想・施設計画段階

総合的な調査の終了及び構想・施設計画段階の移行について

 平成15年度から国(九州地方整備局、大阪航空局)と地域(福岡県、福岡市)が連携・協力し「福岡空港の総合的な調査」を行ってきました。
 その結果、福岡空港については、現在でもピーク時における増便が困難になっているなど、制約が生じ始めており、2010年代初期には滑走路処理容量に余力がなくなると予想されています。何も対応方策を実施しない場合、ステップ1、2で整理した福岡空港に求められる役割を十分果たすことができなくなり、利用者の利便性や地域の将来像の実現に影響を及ぼすことが予想されます。
 これを受け、ステップ4では、抜本的な空港能力向上策である「現空港における滑走路増設」と「新空港」について比較評価した結果をお示ししたところ、抜本方策自体が不要といったご意見は少数であり、福岡空港における抜本的な対応方策の必要性については概ね理解が得られたものと考えております。
 また、滑走路増設案と新空港案に対していただいたご意見の傾向については、明確に分類できないものもありましたが、全体として見ると滑走路増設案に積極的なご意見の数が新空港案に積極的なものを上回っていました。
 これらの結果をとりまとめ、平成21年1月27日に開催した福岡空港調査連絡調整会議において、総合的な調査にかかるPIを終了しました。
 上記のPI実施結果なども踏まえ、福岡空港の地元自治体である福岡県知事と福岡市長は、「福岡空港の過密化対策について」と題する意見書を3月26日に公表するとともに、4月8日に国土交通大臣に提出し、滑走路増設に速やかに着手するよう要請しました。
 国土交通省としては、以上のことを踏まえ、福岡空港については「現空港における滑走路増設」案で構想・施設計画段階に移行することとしました。

福岡空港構想・施設計画段階の検討体制及び進め方

 平成21年5月13日に行われた「第1回 福岡空港構想・施設計画検討協議会」において、構想・施設計画段階の進め方が正式に承認されました。
福岡空港構想・施設計画段階検討の進め方 PDF
福岡空港構想・施設計画段階 検討体制 PDF

福岡空港構想・施設計画検討協議会

 福岡空港構想・施設計画検討協議会は、福岡空港の構想・施設計画段階について、国と地域が連携し、透明性を確保しつつ幅広い合意形成を図りながら検討を進めるにあたり、関係者の連絡調整を図ることにより、本検討の円滑かつ効率的な推進に資するために設置されています。主に次の事項について検討を行います。
(1)福岡空港の具体的な施設計画等に関すること。
(2)上記に係る情報提供、意見収集の実施等に関すること。
福岡空港の滑走路増設に係る情報提供について
〜パブリック・インボルブメント(PI)の実施〜  PDF

福岡空港技術検討委員会

 福岡空港の構想・施設計画段階において、国土交通省九州地方整備局および大阪航空局が行う具体的な施設計画等の検討について、高度な技術的・専門的判断の適切性や計画内容の合理性を確保するための指導・助言を得ることを目的として設置するものです。

福岡空港構想・施設計画段階PI評価委員会

 福岡空港構想・施設計画段階PI評価委員会は、国(九州地方整備局・大阪航空局)・福岡県・福岡市で構成する福岡空港構想・施設計画検討協議会が行うPI(パブリック・インボルブメント)に係る透明性・公平性・公正性を確保するため、PIのプロセスや結果について評価及び助言を行うことを目的として設置するものです。
福岡空港の滑走路増設に係る構想・施設計画段階の情報提供等(PI等)のあり方について PDF
○福岡空港技術検討委員会資料についての主な意見
 第1回 福岡空港技術検討委員会   PDF
 第2回 福岡空港技術検討委員会   PDF

○委員によるPI活動の実施状況把握・アドバイス等
 H22.7.13  PIレポート(案)についての主な意見   PDF
 H22.8.27  藤田委員:説明会(福岡市役所)   PDF
 H22.9.1   山本委員:懇談会(物流関係企業、荷主等)   PDF
 H22.9.4   杉尾委員:周辺地域説明会(吉塚会館)   PDF
 H22.9.6   藤田委員:懇談会(エアライン、空港内事業者、旅行業者)   PDF
 H22.9.8   杉尾委員:懇談会(交通事業者、利用企業等)   PDF
 H22.9.17  山本委員:周辺地域説明会(博多市民センター)   PDF  
 H22.9.18  石田委員長:インフォメーションコーナー(福岡空港)   PDF
 H22.9.18  石田委員長:周辺地域説明会(大野城まどかぴあ小ホール)   PDF
 H22.9.19  竹林委員:周辺地域説明会(松島会館)   PDF

○委員長談話(平成22年10月25日(月))    PDF

○福岡空港構想・施設計画段階に係るPIの実施結果に関する評価等について
 評価書   PDF
 添付資料(実施状況把握の一覧)   PDF

福岡空港構想・施設計画段階PIレポート

PIレポート PDF
PIレポート【詳細版】 PDF

福岡空港構想・施設計画段階のとりまとめ

 滑走路等の配置、航空需要予測の精査、航空機騒音の影響、費用便益分析などについて調査・検討を行い、専門家等で構成する第三者機関である「福岡空港技術検討委員会」から技術的な指導・助言を受け、とりまとめを行いました。
 福岡空港の滑走路増設に係る構想・施設計画段階の情報提供等(PI)において、1,545人の方から2,859件のご意見をいただきました。 それらの意見をとりまとめた結果、みなさまの関心が高い検討項目の確認や、様々なご意見など今後の検討に役立つ情報を得ることができ、多様で適切な手法による十分な情報提供のもと、所期の目的は達成できたものと考えております。
  また、航空需要予測については、 「将来交通需要推計の改善について【中間とりまとめ】」および行政刷新会議の指摘といった航空需要予測をとりまく状況の変化を受け、最新の知見やデータを用いて再精査を実施しましたが、その結果は、PI時の需要予測値を下回ったものの、他の検討項目を含め、その影響は軽微であることが確認されました。
 今後、寄せられたご意見を踏まえ、事業がより効果的かつ環境に配慮したものとなるよう、検討を進めて参ります。
 構想・施設計画段階検討にあたり、多くのご意見をお寄せいただき、誠にありがとうございました。
福岡空港構想・施設計画段階のとりまとめ PDF
ページのトップへ