共通部分をスキップする : 本文へ | メニューへ | ダイレクトメニューへ
トップページ  >  所属船舶 > 清掃兼油回収船「がんりゅう」

清掃兼油回収船「がんりゅう」

海洋環境整備事業を実施しているがんりゅうは、海面を浮遊する流木やゴミを回収清掃する機能と、浮遊油を回収防除する機能を兼ね備えた船で、平成12年度に就航しました。

清掃担当海域としては、西は響灘海域から東は周防灘海域まで3,500平方キロメートルの海域を担務しています。

がんりゅうの写真


主要目
全長 32.30メートル
全幅 11.60メートル
深さ 3.8メートル
喫水 2.00メートル
総トン数 195トン
速力 14.69ノット
主機関 1,636馬力×2基
航行区域 沿海

 

ゴミ回収装置
回収方式 スキッパー方式(6立方メートル×1個)
塵芥コンテナ コンテナ8立方メートル×4個
選別台 4枚台左右移動式
多関節クレーン 中折式0.99トン×1基
グラブ掴み径φ50~800ミリメートル
チェーンソー有効切断径φ450ミリメートル

   

   スキッパー

   スキッパー1 スキッパー2

 

   多関節クレーン

   多関節クレーン チェンソー

 

 

油回収装置
油回収器 浮遊堰式直接吸引ポンプ
(25立方メートル毎時間)
油水分離槽
移送ポンプ 1台(22立方メートル毎時間)
回収油水槽 10立方メートル×2個
放水銃 2台(1,000リットル毎分以上)
ジブクレーン 0.95トン×1基

 

   油回収装置

       

 

  1. 海面にスキッパーを昇降させてゴミを回収するスキッパー方式の採用、ポッパに投入する前に選別台を設置し稚魚が住み着く藻等を海に戻すなどの環境に考慮した設計となっています。
  2. 多関節クレーンの採用により流木等の直接回収が、安全かつ、容易におこなえます。
  3. 油回収作業をおこなう際には操舵室より遠隔操作が可能なため安全に作業をおこなうことができ、さらさらした油から粘りのある油まで効率よく回収が可能となっています。

▲ トップに戻る


  

トップページ事務所の紹介関門航路について関門海峡所属船舶
入札・契約情報海とみなとの相談窓口出前講座お問い合わせサイトマップ関連リンク

このページは、ページ全体で右クリックメニューの使用が禁止されています。
申し訳ありませんが、ご了承ください。