九州みなとオアシスかんたん港園(大分港)からつ(唐津港)鹿児島(鹿児島港)五島福江(福江港)別府港(別府港)
津久見(津久見港)むなかたおおしま(大島港)天草牛深(牛深港)

トップページへ

みなとオアシス からつ(唐津港)

唐津湾は、佐賀県の北西部の玄海灘を経て日本海に面し、日本最大松原の一つ「虹の松原」に代表される美しく豊かな事前など風光明媚な景観を有しています。その中にある唐津港は、島々により静穏な水域をもたらせた良好な港として発展してきました。


比較的小さい港ながら、旅客船やイベント船などが寄港する観光港として、ヨットや海水浴場などの海洋性スポーツ・レクレーションの場として、本来「みなと」がもつ多様な機能を広く有する多機能型の港湾として、重要な役割を果たしております。
19年4月には、壱岐〜唐津フェリー「エメラルドからつ」が就航し、新しいみなとのシンボルとして、今後の地域の活性化に寄与することが期待できます。

 

 

みどころ

唐津みなと歌って踊ってわいわいフェスタ’07
平成19年5月20日(日)に唐津〜壱岐フェリー就航記念イベント「唐津みなと歌って踊ってわいわいフェスタ’07」が唐津港東港地区で開催されました。このイベントは、4月に唐津〜壱岐のフェリーが就航したことを記念して、多くの方に、「みなと」に来てもらいたい!、もっと「みなと」が賑やかになってほしい!という目的から、開催されたものです。
よさこい踊りやいろいろなステージイベントが行われました。

唐津みなと松原植樹祭
5月には、国の名勝・虹の松原に続く新しい松原を作りだそうと「唐津みなと松原植樹祭り」が開催された。地元の保育園児ら百人ほど集まり、松の苗を植えました。今後は、唐津城を中心に左右両側に松原を展開していきます。
今秋には、本格手に300本の植樹を行う予定で、継続的に植樹を行っていきます。
かんたん海の大サーカス唐津港まつり・海のカーニバルin唐津
唐津の夏の恒例行事「唐津港まつり・海のカーニバルinからつ」は、唐津港の海事・水産・港湾復興を目的とし、平成5年から開催されておりとなります。
自衛艦や巡視船・ヨットなどの体験試乗、車エビの放流、ちびっこを対象とした魚のつかみ取り、ポートバザール等、また、特設ステージでは海事功労者の表彰式、ダンス、太鼓演奏などが行われ、多くの家族連れ、グループ客等で賑わいます。
唐津みなと交流センター
壱岐ー唐津フェリーが平成19年4月から新航路が運航しております。平成19年3月末には、唐津市東港に新ターミナル「唐津みなと交流センター」がオープンしております。新造船「エメラルドからつ」の発着をはじめ虹の松原や唐津城の眺望が楽しめます。
交流センター3階には、地元特産品の販売も行ってます。

 

 

おすすめ情報

唐津湾は、佐賀県の北西部の玄海灘を経て日本海に面し、日本最大松原の一つ「虹の松原」に代表される美しく豊かな事前など風光明比較的小さい港ながら、旅客船やイベント船などが寄港する観光港として、ヨットや海水浴場などの海洋性スポーツ・レクレーションの場として、本来「みなと」がもつ多様な機能を広く有する多機能型の港湾として、重要な役割を果たしております。
平成19年4月には、壱岐〜唐津フェリー「エメラルドからつ」が就航し、新しいみなとのシンボルとして、今後の地域の活性化に寄与することが期待できます。
関係主体  
登録主体 唐津市
運営主体

唐津市
唐津みなとまちづくり懇話会

認定主体 九州地方整備局長
(認定:平成19年4月25日)

 

構成施設  
中核施設 唐津みなと交流センター
その他施設

水際プロムナード、緑地

 

サービス  
唐津みなと交流センター
(売店、待合い、展望、休憩)
シンボル緑地及び水際プロムナード
(フリーマーケット、各種イベント、休憩、トイレ)

 

交通アクセス・お問い合わせ

交通アクセス
タクシー JR西唐津駅から3分
バス JR唐津駅より市内循環バス西コース
「唐津フェリーターミナル」バス停下車
自家用車 駐車場/36台

 

お問合せ先

唐津市みなとまちづくり室
TEL: 0955-72-9187
Mail: machidukuri@city.karatsulg.jp
HP: http://www.city.karatsu.ig.jp

ページの先頭へ