トップページへ

 

 「みなとオアシス薩摩川内」は、鹿児島県 薩摩川内市にあります。 

  川内港は,川内川の河口に位置する河口港です。 河口右岸の京泊は奈良、平安時代には坊ノ津、博多津とともに九州三津の一つとして称され、唐貿易の重要港として繁栄しました。 現在では、東アジアに近い優位性を 活かした、産業・経済を支える重要な流通拠点となっています。また、「高速船甑島」が就航し、住民や観光客の往来を支える重要な交通手段ともなっており、人流・物流の拠点となっています。  「みなとオアシス薩摩川内」では、本土と甑島での登録がなされ、広域的な賑わいの創出に取り組んでいます。

 みどころ

川内港ターミナル 

 

 

「高速船甑島」川内港=甑島航路就航にあわせてこの川内港ターミナルもオープン。デザインは、高速船甑島と同様、水戸岡鋭治氏。館内は木をふんだんに使用した落ち着いた雰囲気とオシャレな空間。甑島への旅行を前にワクワクさせてくれる空間です。使われている素材も九州産をふんだんに使用しています。乗船券売り場のほか、カフェ、お土産店もあります。

 

 

川内川あらし

 

 

川内港あらしは、霧が強風とともに海に流れ出し、蒸発霧(けあらし)が発生する現象です。

≪見える条件≫

☑10月~3月の寒い月

☑朝5時~8時

☑晴れて風が弱い日 

 

 

甑島

 

 

上甑島・中甑島・下甑島と縦に3島を連ねる甑島列島は、橋でつながり 、地形などの違いから各島で神秘的な風景が見られます。

自然の美しさを生かした各種大会・イベントや、地域の伝統を重んじる祭事などの催しものが盛んな甑島。自然の歴史と人々の文化を感じてください。  

 

 

おすすめ情報

川内とれたて市場 

 

川内・甑島近海で獲れた新鮮な魚や、地元の野菜、果物、花、焼酎、農林水産物の加工品などを販売する直売所と、季節の旬の鮮魚を使用した定食・丼物・ひつまぶしなどを提供する食堂「薩摩海食堂(さつまうみしょくどう)」を併設した施設です。

 

 

 

グルメ情報

 

海の素材をそのままいかした海鮮料理から、甑島内で製造される本格芋焼酎、美しい海を源にした塩、その他趣向を凝らしたお土産など、豊かな自然の恩恵を受けて誕生したこだわりの品々が味わえます。

●きびなご、こしきの塩、タカエビ、焼酎 etc.....

 

 

 

関係主体  
設置者 薩摩川内市 
運営者

みなとオアシス薩摩川内運営協議会 

登録日 国土交通省 港湾局長
(登録:令和2年11月24日)

 

構成施設  
代表施設

川内港ターミナル

その他施設

里港ターミナル 

長浜港ターミナル
川内とれたて市場

 薩摩海食堂

 

サービス  

川内港ターミナル

 

高速船ターミナル

売店

観光案内所

待合室

 

交通アクセス・お問い合わせ

 

 

 

交通アクセス

■川内港ターミナルへ 

川内駅

 ⇒ 車で20分

 ⇒ バスで25分

鹿児島空港

 ⇒ 車で80分

 ⇒ バスで110分(川内駅で乗り換え) 

■里港ターミナルへ

川内港ターミナル ⇒ 高速船で50分

長浜港ターミナル ⇒ 高速船で40分 

■長浜港ターミナル

川内港ターミナル ⇒ 高速船で70分

里港ターミナル  ⇒ 高速船で40分        

 

観光案内のお問合せ先

【川内港ターミナル観光案内所】

電話:0996-26-3004

営業時間 8:30-18:10(4-9月)

       8:30-17:30(10-3月) 

 

【上甑島観光案内所(里港ターミナル)】

電話:09969-6-3930

 営業時間 8:30-18:30

 

【下甑島観光案内所(長浜港ターミナル) 】

電話:09969-5-1800

営業時間 7:00-19:15

 

※3施設とも年中無休 

ページの先頭へ